1. ホーム
  2. インサイト

ビデオ面接を成功に導く5つのステップ

Thumbnail Image
嬉しいニュース:面接に呼ばれました!

気になる点:ビデオ面接です。

ビデオチャットやカメラの前で話すことに慣れていない場合、ビデオ面接を不安に感じるかもしれません。 しかし、テクノロジーの進歩に伴い、採用の現場ではビデオ面接がより一般的になっています。 そのため、不安に打ち勝つためにも、しっかりと対策を立てておくことをお勧めします。

ここでは、ビデオ面接の準備方法についてご紹介します。

テクノロジーに慣れる
面接で使用するビデオ会議用のアプリを確認し、実際にテストして使い方を学んでおきましょう。 面接当日に初めてログオンするのではなく、それまでに慣れておくことで、 気持ちに余裕を持って面接に臨むことができます。

接続障害や技術的な問題で面接開始が遅れると、実際の面接に遅刻した場合と同様の悪印象を与えてしまいます。 面接当日までに余裕を持ち、ログイン問題が発生しないよう対策を講じる、セキュアなインターネット回線を確保する、カメラとマイクが正常に機能することを確認する、アプリをインストールしておく、といった準備を整えておきましょう。 

映画監督を演じる
直接面接と同様、ビデオ面接でも印象を良くすることが重要です。 映画監督になったつもりで想像してみてください。 主役の自分が輝けるよう、カメラを目の高さに合わせ、「ミディアムショット」(上半身が映った状態)で快適に会話できるようにカメラと身体の位置を調整します。

照明にも注意が必要です。 あなたの顔に影がかからず、顔全体が明るく見えることを確かめます。背景が主張しすぎて、あなたの顔から注意がそれてしまってもいけません。 カメラの両側にランプを1つずつ、合計2つ準備するといいでしょう。 ランプの光が目に入ったり、まぶしすぎる場合は、シェードやスカーフ、ペーパータオルを使って和らげてください。

背後のエリアを片付けます。 面接官があなたに集中できるよう、乱雑に散らかったものが画面に映らないようにします。 無地の壁が一番です。

子供やペットの声など周囲の音に邪魔されないよう、可能な限り、静かな場所を選ぶ必要もあります。

これらのポイントがうまく生かされていることを確認するには、どうすればよいでしょうか。 必ず面接前にテストビデオを撮影し、思ったとおりに自分を演出できているかチェックしてください。

理想の自分を演じる
テクノロジーに慣れ、舞台を整えたら、次は身だしなみのチェックです。

直接面接で重要なことは、ビデオ面接でも同じです。 頭からつま先まで、ビジネスシーンにふさわしい装いを心がけましょう。 たとえ面接官に見えなくても、スウェットパンツでは自分の心構えが違います。直接面接と同じ緊張感を持って臨んでください。 背筋を伸ばし、胸を張って、アイコンタクトを意識しましょう。

コンピューター越しにアイコンタクトをとるには、画面に映った画像ではなく、カメラを見るようにします。 面接中に忘れないよう、「ここを見る」といったメッセージと矢印を書いたメモをカメラの横に貼り付けておくこともできます。

書類を乱雑にめくったり、神経質にペンで机をコツコツと鳴らしたり、フレームをはみ出るような大げさな身振り手振りを交えるなど、ちょっとしたことで印象が悪くなることがあります。 あなたの発言が一言一句伝わるよう、ゆっくり、明瞭に話しましょう。 大声を出すのもお勧めしません。

準備あるのみ
ビデオ面接の経験があまりない人には、心配は尽きません。 でも大丈夫。 念入りに準備と練習を重ねれば、そうした不安は解消できます。 まず、通常の面接のように準備を始めましょう。 会社のことを調べ、質問に対する答えを想定し、自分の経験を具体的に話せるようにしておきます。

これらの準備はビデオ面接を受ける部屋で行うと、なお効果的です。 いざログインするときの緊張を少しでも和らげることができるでしょう。 実際の人ではなく、カメラに向かって質問に答える練習をしておくこともお勧めします。

助けを求める
ビデオ面接を採用する企業は、近年ますます増えています。 そんな変化に対応するため、専門家によるサービスも充実してきました。 面接に向けてサポートがほしいという方は、Aerotekリクルーターにご連絡ください。ビデオ面接から直接面接まで、あらゆる対策に対応します。

仕事をお探しの方は、当社の求人掲示板をご覧ください。