1. ホーム
  2. インサイト

面接における5つの危険信号とその回避方法

Thumbnail Image

採用面接は決して一方通行ではありません。本来、面接官と求職者の双方が情報を手に入れ、応募者が募集職にふさわしいかどうかを見極める場です。 しかし、対面通行の道にも道路標識があります。 「雨天時スリップ注意」に「落石注意」。 言わずと知れた、おそるべき危険信号です。

採用面接にも警告サインがあることをご存じですか。

人材の選定を誤れば、企業は多大な時間と資金を失います。 求職者もまた、自分に合わない会社からの内定を承諾した場合には惨めな思いをしたり、キャリアアップを妨げられてしまう可能性があります。

ここで、面接の席に着いている両当事者が発しうる主な危険信号をご紹介します。 これらを無視すれば、皆さん自身に損害が及びます。また、危険信号とみなされるような行動を自らとってしまわないよう注意してください。

時間を厳守し、相手の時間感覚にも注目
採用面接に遅刻することは、マイナスの印象にしかなりません。 あなたが然るべき場所に然るべきタイミングで現れることは、最低限の必要条件とみなされます。 時間厳守は新しいポジションにおける最初の任務であると心得ましょう。

逆に面接官が遅れて来た場合は、仕事に対する彼らの雑な姿勢や準備不足、あるいは求職者が費やす時間を軽視していることの暗示かもしれません。

具体的に語り、具体性を要求
有能な面接官は、あなたが優れた能力を示した具体的な事例を尋ね、募集職に最も求められる特性を備えているかどうかを見極めます。 まだ具体例を示せる段階にない方も、心配はいりません。 応募者の皆さんが必ず十分な準備を整えたうえで採用担当者と対面できるよう、豊富な実績を誇るAerotek採用コンサルタントがお手伝いします。 各クライアントの従業員に対する価値提案、そして応募者の皆さんの意欲と優先事項を十分理解した担当者が、面接プロセスのイメージをつかんでいただけるようアドバイスを行います。つまり、皆さんは準備万端かつ有利な状態で本番に臨むことができます。

従業員候補である皆さんは、面接官が職務内容や責任範囲、組織構造などの情報を具体的に提供してくれるかどうかを見定めてください。 募集職の内容に関して、複数の面接官の間で見解が異なる場合には注意が必要です。

ミスに対して責任を取り、相手の責任感にも注目
あなたの努力が足りずに失敗した経験について聞かれた場合は、率直に例を挙げましょう。 この質問の意図は、あなたには落ち度がないのに他の誰かがミスをしたケースについて語らせることではなく、あなたが失敗にどう対応したかを知ることにあります。 落ち着いて度量を示しましょう。

面接時に求職者側が注目すべきもう1つの危険信号として、面接官が募集職の前任者のことを悪く言うケースが挙げられます。 これは、その会社が信頼関係や責任の所在に問題を抱えている証拠です。

ビジネスマナーを遵守
面接会場に向かうために家を出た瞬間から、自分だけの空間に戻る瞬間まで、ビジネスマナーや礼儀を守り、目の前のタスクに集中するようにしてください。 最後の最後でつまずいたことが大惨事を招く可能性もあります。

面接官は、応募者がプレッシャーにどう対処するかを見るために敢えて「圧迫」するような質問をすることがあります。 そのような状況では、常にプロ意識をもって振る舞うことが不可欠です。 ただし、面接中のどの段階においても、危険や不快感を覚えた場合、皆さんには回答を拒否したり、面接を途中で辞退する権利があることを忘れないでください。

面接に向けて準備
危険信号の回避に終始せず、ここ一番の勝負をものにしたい方は、 次の重要な面接に向けてその道の専門家のサポートを受けながら準備を進める必要があります。 未来の雇用主を唸らせる面接テクニックを習得するには、まずお近くのAerotekリクルーターにご連絡ください。

仕事をお探しの方は、 当社の現在の求人をご覧ください。素晴らしいチャンスが見つかるかもしれません。