1. ホーム
  2. インサイト

去り際の作法

転職活動もいよいよラストスパート。 しかし、1つの職を辞するというのは決して簡単なことではありません。長く勤めた会社であったり、自らの職務に心血を注ぎ、同僚や上司とも強い絆で結ばれてきた場合にはなおさらです。 罪悪感や後悔の念に駆られたり、自分の決断が果たして正しかったのかどうか確信が持てなくなることもあるでしょう。 また、何の葛藤もなくすべてがバラ色、という方も、退職にあたって果たすべき義務があります。

自分の責任を理解する

まず、自分が置かれた立場を知ること。 入社時に交わした雇用契約書を確認するのが最も手っ取り早いはずです。 机の奥にしまい込んだ契約書を引っ張り出して、退職時のルールや条件を改めて見直しましょう。 退職の意思を通知すべき予告期間(1週間から3か月までさまざま)のほか、オフィスからの持ち出しが禁止されている物品や情報(各種電話番号や成果物、業務サンプルなど)、自分が担当したクライアントとの今後の連絡に関する条件などが規定されている可能性があります。 また、従業員の権利や福利厚生に関する会社のポリシーを確認することも重要です。たとえば、有給休暇の消化または未消化分の換金、未払いのインセンティブやボーナスの支払いといった措置が考えられます。 契約書にこれらの情報が含まれていなかったり、古い情報しか記載されていない場合は、遵守すべき法的基準についてアドバイスを求めることをお勧めします。 それでも不明な点が残る場合は、採用コンサルタントにご相談ください。

退職の流儀を守る

退職の意思は、他の誰よりも先に、直属の上司に伝える必要があります。 直属の上司に話す前に同僚に知られてしまったり、より上位の人員に伝わってしまうといった状況は避けてください。 日頃の関係がどのようなものであれ、あなたの退職プロセスを管理すべき人物であることに配慮し、然るべき敬意を払いましょう。 どうしても不安な要素がある場合は、上司に伝える際、人事担当者に同席してもらうという方法もあります。

書面で退職の意思を表明:あなたが退職することを上司が知っていても、あるいは上司とごく親しい間柄だったとしても、退職の意思は必ず書面で表明してください。 これによって、職場の仲間としての良好な関係を維持できるとともに、疑いの余地を排除し、考え直してくれなどという無用な説得の動きを封じることができます。 文書化することにより、あなたの決断が正式かつ最終的なものとなるため、たとえ面倒でもきちんと退職届を作成すべきです。 退職届では、誤解のないよう明確かつ簡潔に事実を伝えます。最も重要なのは、それが退職の予告である旨と退職予定日を記載すること。 会社への謝辞を述べたり、どのような成長の機会が与えられたかに触れてプラスの側面を強調することは賢明ですが、あくまで手短に済ませましょう。 感謝の意を表したり、個人的なメッセージを伝えるには、もっとふさわしい場があるはずです。 退職願においては、必ず引き継ぎ期間やそれ以降における協力を申し出ておきましょう。 ネガティブな要素は排除します。 円満退職であるに越したことはないのですから、反感を買うのは得策ではありません。

顔を合わせて対話:内密に話ができるよう、上司とのアポイントメントを取り付けます。 話す内容はあらかじめ準備しておくべきですが、いずれにしてもこの面談の時点で必ず退職届を提出しましょう。話を進めるうえで、礼儀とビジネスマナーは極力守ってください。 退職理由について掘り下げられ、答えに詰まることが予想される場合は、決めゼリフを用意しておきましょう。たとえば「業界の新たな課題に取り組むべき時が来た」、「キャリアの方向性を見直すことにした」などが有効かもしれません。 あくまで基本事項に集中し、感情的な脅しやあなたの決断を軽く見るような態度に屈しないようにしましょう。

次のステップ:この面談では、退職というあなたの決断を他の従業員にいつどのように伝えるか、また、それ以降あなたがどのような役割を担うべきかについて合意する必要があります。 引き継ぎの準備や実施には喜んで協力する旨、質問にも答えられるようにしておく旨を再度強調してください。 この点に関しては、意識的に上司に主導権を委ねましょう。上司はさらに上位の役職へとこの件を報告し、あなたの退職が会社に及ぼす影響に対処しなければならないのですから、その労力に配慮する必要があります。 あなたが競合他社に転職する場合、それを上司に明かせば、すぐにでも荷物をまとめてひっそりと立ち去るよう指示されるかもしれません。 そのような可能性にも備えておくこと、そしていざとなったらできるだけ品位ある態度で対応することが重要です。

決して過去を切り捨てない
あなたが現職を好きか嫌いかはこの際関係ありません。職場での評判は大切にすべきですし、退職に際してどう振る舞うかは、良くも悪くもあなた自身の名誉と品位を映す鏡です。 しかも、現職での人間関係がいずれ必要にならないとも限りません。

何気ない雑談の落とし穴に注意:あなたが退職するという情報がチームに広まれば、同僚たちが互いに感想を語り合ったり、あなたに質問してくることは避けられません。 結果的に職場の士気が大幅に下がるおそれがあるため、あなた自身が周囲のムードに乗せられてネガティブな受け止め方を煽るような発言をしないよう注意が必要です。 その一方で、プレッシャーや罪悪感に屈して退職の時期を遅らせるような対応を避けることも非常に重要です。 何も沈みかけた船を見捨てて逃げ出すわけではありません。退職は純粋にあなたの決断であり、悪影響は最小限に抑える必要があります。 ここでもあなたの決めゼリフが役に立ちます。「もしも」や「なぜ」に終始するランダムな会話には加わらないことです。

退職に伴う業務を責任もって完遂:退職届を出した後は、職務への積極性を保ったり、集中して漏れのない仕事をするのが非常に困難になるかもしれません。 新たな世界へと一歩踏み出し、気持ちはすでに次のチャレンジに向かっているという状況で、後任への引き継ぎに取り組む時間はさほど楽しいものではないでしょう。 しかし、あなたの務めはまだ終わっていません。会社と仲間たちに対して果たすべき最低限の責任。それは、後腐れのない幕引きです。 最後まで時間を厳守し、あらゆる会議に出席するとともに、詳細な引き継ぎ資料とプロジェクトレポートを作成するよう努力しましょう。 そのようなプロ意識は、決して見過ごされないものです。

重要ポイント
手元にある会社の資産を速やかに返却する。これには、鍵や書類、パソコン、携帯電話、その他あなたの私物ではないものすべてが含まれます。 退職後に連絡をよこさせたり、後味の悪い思いをさせるのは得策ではありません。

チームメンバーや同僚、関係者各位に感謝を述べるひと手間を怠らない。 あなたのキャリアに影響を及ぼした人物へのお礼状やささやかな贈り物は、長い間彼らの記憶に残るものです。

感情の落ち込みに備える。 退職のプロセスとまっすぐに向き合うことは、ときに多大な困難をもたらします。 そんなときは、信頼できる友人やパートナーに声をかけ、精神面での支えを得たり、気軽なおしゃべりで元気をもらうとよいでしょう。 また、担当の採用コンサルタントにアドバイスやサポートを求めることも重要です。

必ず退職前に、あなたの仕事ぶりに関する推薦状の作成を上司に頼む。 時間が経ち、日々のタスクに忙殺されるうちに、過去の雇用主と連絡がつかなくなることもありますし、上司の記憶も曖昧になりがちです。