1. ホーム
  2. インサイト

ブランクを経ての再就職 - 先人の知恵に学ぶ

Thumbnail Image

「あれこれ準備しているうちに過ぎていくのが人生だ」。これはジョン・レノンが残したとよく間違えられる有名な名言ですが、特に会社から解雇された人たちの間で共感されています。 人生は思い通りにいかないもの。仕事からしばらく離れるのも、人生でときどき起こることのひとつです。

理由にかかわらず、無職の期間が長く続いた後に就職活動を再開することは、茨の道に見えるかもしれません。 でも、大丈夫。あなた一人ではありません。あなたと同じ道を歩き、成功を勝ち取った人生の先輩が大勢います。

長い空白期間の後に再就職に成功したAerotekの契約社員に話を聞いたところ、仕事への復帰を願う人たちにとって貴重な洞察が得られました。

自分を信じる
自分の経験に自信を持ち、前向きな気持ちをキープすること、会社の利益に貢献できる自分のスキルや個性を理解しておくことが重要です。 自分の能力を正直に見定め、新しい職場で活躍するために成長する意欲を高めましょう。 

「難関質問」に備える
採用担当者は、必ず空白期間について質問してきます。 ここで一番大切なのは、次の仕事やスキルアップにつながる経験としてアピールすることです。

家庭の事情といった理由は問わず、空白期間を体験した人は、採用してくれた会社に感謝し、献身的かつ意欲的に働く傾向が高く、そうした姿勢が同僚にも良い影響を与えるということも覚えておきましょう。

スキルを磨く
テクノロジーの急速な進化は日々の生活だけでなく、さまざな業界や職種にも影響を及ぼしています。 そのため、再就職を目指す場合は、最新ソフトウェアについて学び、前職を離職してからのテクノロジーの変化に追いつく必要があります。 最初は難しいかもしれませんが、学習やリサーチに役立つリソースはいくらでも見つかります。無料で利用できるものもありますので、うまく活用しましょう。

大切なのは「自分ならできる」という心構えを忘れないことです。 何事も努力あるのみ。焦らず必要なだけ時間をかけましょう。 

仲間を見つける
決して簡単ではない再就職。採用までの長い道のりを考え、気後れしてしまうこともあります。 でも、ひとりで悩む必要はありません。 このプロセスを管理可能なタスクに分解し、あなたのモチベーションを高めながら、大変な作業を手伝ってくれる、そんな仲間を見つけましょう。 契約社員は最初のステップとしてうってつけです。

サポートが必要ですか?
Aerotekリクルーターは、就職に関連するさまざまな支援を行っています。 仕事をお探しの方は、当社の求人掲示板をご覧ください。