1. ホーム
  2. インサイト

就職活動中に空白期間について説明する5つのヒント

Thumbnail Image
家で子供の世話をするために休職した、あるいは契約社員として次の仕事が見つかるまでに少し休業期間を取ったなど、さまざまな理由で職歴に空白期間が生じることがあります。このようなブランクをどう扱うかによって、新たなポジションの獲得チャンスを高めることができます。 まず第一に、ブランクの意味合いをどう伝えるかについて戦略を立てます。 ここでご紹介するヒントを参考にして、ベストのアプローチを探ってみてください。

1. 可能な限り計画的に行動する

一定期間にわたって無職になることがわかっている場合は、空白期間中にもキャリアアップを図っていたことを履歴書に書けるよう対策を講じます。 キャリアコーチであるリンダ・シュピーゲル氏は、『Wall Street Journal』紙に寄せた記事の中で、長期間の育児休暇を取得する従業員に対し、「家にいながらも戦線を離脱しない」ことを勧めています。その戦略が「最終的に復帰を果たすという計画において不可欠」であるというのが彼女の主張です。

自分の専門分野に関するオンラインコースを利用したり、フリーランス業務やボランティア活動に従事して、それを履歴書に書くとよいでしょう。 また、キャリア関連の投稿を行うなどしてLinkedIn上で積極的に動いておけば、あなたが引き続き業界に身を置いていることが同僚たちや未来の雇用主の目に留まるかもしれません。

2. 必要に応じて先手を打つ

1年以上の空白期間がある場合は、そのブランクについてきちんと申し開きをした方が賢明です。 カバーレターまたは履歴書で、そして面接においても雇用の空白期間について率直に説明するとよいでしょう。 その期間中に何をしていたにせよ、その活動を職業上のスキルとしていかに活用できるかをアピールすべく、知恵を絞りましょう。

たとえば、海外ボランティアに参加していた場合などは、間違いなく次の仕事に生かせるスキルを身につけたと言えるでしょう。 また、たとえありふれた経験でも、決して過小評価してはいけません。家事や育児にもさまざまなスキルが必要だったはずです。 家庭を守る中で、時間管理や優先順位の見極め、紛争解決、予算管理、コミュニケーションについて学んだことを、ぜひともアピールしてください。

3. 必要以上の情報を記載しない

履歴書の職歴欄に「空白期間」や「休職」などと明記することは避けましょう。 採用担当者は、履歴書にまずざっと目を通してから各候補者への関心の有無を判断するものです。審査が始まる前からわざわざマイナス要素に注目させる必要はありません。 面接では空白期間について説明を求められる可能性がありますが、その説明のチャンスすら得ていない段階で脱落するのはもったいないことです。 運が良ければ、雇用主が照会先に連絡したり勤務期間の詳細情報を求めてくる頃には、あなた自身が十分に彼らの心をつかみ、長期のブランクも問題視されない状況になっているかもしれません。

4. 空白期間をプラスに捉える

職歴のブランクの原因となった私生活やキャリア上の問題についてくよくよと悩んでも仕方ありません。特に、自己都合であったか否かを問わず、離職を過去の雇用主のせいにすることはご法度です。 事情を説明する際は、明確かつ簡潔に、プラス思考を忘れず、かつ言い訳がましくならないよう心がけてください。

5. 履歴書の書き方を工夫する

履歴書を過去のポジションとその期間の羅列に終わらせず、スキルのアピールに活用します。

ボランティア活動をしていた期間があるなら、履歴書にボランティア活動だけを記載する欄を設けましょう。 可能であれば、奉仕先の団体やそこで務めた役割、取り組みの成果についても情報を提供します。 がん研究のための資金調達イベントを企画した場合は、企画・運営の詳細やイベント参加者数、集まった金額を記載しましょう。 このような経験は、どんなキャリアを目指すにしても大概プラスになるものです。

職探しを成功へと導くためのさらなるアドバイスをお求めの方は、 今すぐAerotekリクルーターにご連絡ください。