1. ホーム
  2. インサイト

周りに差をつけるためのクイックガイド - 目指せ、最高の契約社員

Thumbnail Image

契約期間の長短にかかわらず、すべての契約社員にとって有用なヒントを集めました。 これらのベストプラクティスに従えば、新しい任務の獲得や現行契約の延長に困ることはなくなるでしょう。

時間を厳守する

今さらそんな話か、と呆れるかもしれませんが、時間を守ることの威力を甘く見てはなりません。 時間を守れば相手に敬意を表することにもなりますし、双方が効率よく事を進められます。 また、時間厳守は、雇用主が最も気に留める要素のひとつでもあります。

企業文化を学ぶ

すべては、職場の手順や慣習に従うことから始まります。各種方針や社内の序列、服装規定など、すべてを遵守しましょう。 従業員ハンドブックの記載事項に留まらず、プラスアルファを目指したい方は、 会社の使命や理念、人材に対する考え方を確認します。 それらの方向性と、自分の個性やキャリア目標がマッチしているかどうかを見極めるのです。

フランクな関係を築く

新しい同僚たちと友達感覚で接することは必須ではありませんし、ときに不適切とされることもあります。しかしそれでも、友好的な雰囲気や、やればできるという積極性、進んで協働する姿勢などは職場において重要な要素であり、あなたが企業文化にスムーズに溶け込むための鍵でもあります。

期待を上回る

契約社員だからといって仕事に対する熱意が劣っていてよいわけではありませんし、いずれ臨時社員から正社員になりたいという希望がある場合にはなおさらです。 可能な限りのベストを尽くしましょう。

常に学習し続ける

職場となる企業や、そこでの自分の役割について、学べる限りのことを学びましょう。 あなたは、大事なパズルのピースのひとつ。 そう言えるだけの根拠を持つことです。 たとえ契約期間が決まっていても、その職場に欠かせない人材となる方法を模索すると同時に、あらゆるチャンスを生かし、キャリア人生を通じて役に立つスキルの習得に努めることが大切です。