1. ホーム
  2. インサイト

公私の境界線を引くための3つの流儀

Thumbnail Image
仕事と私生活のバランスを保つための境界線の引き方とは。そんな問いに対するAerotekリクルーターの答えは、さながら人間関係に関するアドバイスのようでした。

相手が上司であれ、同僚であれ、心地よく幸福感を感じる人間関係の距離感は人によって異なります。 雇用主があなたの心を読み、理想的なバランスを見つけてくれることはありません。 境界線は人間関係を円滑にし、不快感や怒り、罪悪感といった負の感情に巻き込まれるのを防いでくれます。

そこで、ここでは仕事と私生活の境界線を引くための大切なポイントをいくつかご紹介します。

自分にも相手にも正直さを求める
境界線を引くことは、勇気がいることです。 相手と意見が対立する場合もあります。 しかし、意見の衝突を恐れて自分の気持ちを伝えなかったり、相手にも正直さを求めなければ、今後の関係に影響が生じる可能性があります。 

自分の気持ちを正直に伝えるということは、自分に正直になるということです。 まずは自己評価を行い、自分の限界を見極め、それを恐れずに伝えましょう。 そうすることで人間関係にメリハリをつけることができます。 

活発、明瞭、オープンなコミュニケーションを実践する 
適切な境界線を引くには、コミュニケーションも正直さと同じくらい重要です。 「正直さ」がどこに柵を立てるかを決める方法だとすれば、「コミュニケーション」は柵の完全性を維持するための方法だと言えるでしょう。

では、「活発、明瞭、オープンなコミュニケーション」とは実際どのようなものなのでしょうか。 

第一に、あなた自身が雇用主の方針を理解する必要があります。 雇用主はフレックスタイムや在宅勤務制度を提供していますか。その場合、どのような手続きを踏む必要がありますか。 年次有給休暇は繰り越しできますか。 知らない場合または不明な点がある場合は、確認しましょう。 雇用主がこうした制度を隠していると思い込むのは間違いです。

活発かつ明瞭で、オープンなコミュニケーションを実践するもうひとつの方法は、先を見越して行動することです。 休暇を取る必要があれば、できるだけ前もって雇用主に通知しましょう。 こうすることで雇用主は業務に支障が出るのを防ぐことができ、あなたに影響する進展があればすぐに知らせてもらえます。

柔軟にギブアンドテイクを実践する
自分の境界線について自分と雇用主に対して正直になり、コミュニケーションもしっかり取れるようになりました。 では、次のステップは何でしょうか。 

今度はあなたが責任を果たす番です。 社会はギブアンドテイクで成り立っています。 自分に期待されていることを理解できている限り、仕事をやりかけのまま放置せず、期待に応え続けることができます。 

そして、期待された量の仕事をこなしている限り、仕事と私生活のバランスや労働時間が問題になることはまずありません。

助けを求める
健全な人間関係は、信頼と適切な境界線の上に成り立っており、これにはあなたと雇用主の関係も含まれます。 境界線を引く試みがうまくいかない場合は、別の方法を探してみましょう。 専門知識を持った採用コンサルタントが、あなたに最適な求人情報をご紹介します。