1. ホーム
  2. インサイト

内向的な私が 職場で輝くには

Thumbnail Image
ビル・ゲイツ、 マハトマ・ガンジー、 ローザ・パークス。 いずれも人類の歴史を大きく塗り替えた人物ですが、彼らにはもう1つ共通点があります。それは、内向的な性格です。 集団の中に身を置くよりも1人でいるときの方がエネルギーを発揮できるという方は、彼らの良き同志。 大きな成功も夢ではないことが明らかです。

内向的な人にとって、職場で過ごす時間はときに荒れ地を進むようなもの。 『内向型人間の時代 - 社会を変える静かな人の力』の著者であるスーザン・ケイン氏は、「外向型社会」という概念を提唱。職場では、あなたのような内向型人間が職務において発揮する思慮深さや慎重さよりも、多弁さや華やかさといった外向型人間の性質の方がもてはやされる傾向があると訴えます。

内向型人間がリーダーシップや優れた成果を示したという実績もあるにはありますが、それが表立って評価されるまでには外向型人間の場合よりも多くの苦難があったかもしれません。 内向型人間が困難を乗り越えて職場で輝くには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。

全員に当てはまるルールを厳守する
職場において成功を収めるにはいくつかのシンプルな推奨事項がありますが、これらは内向的かどうかにかかわらず誰にでも当てはまります。

常に各自の職務をまっとうし、誇りを持って仕事に取り組むことは、いつの時代にも重要です。 同僚からどう見られるかという点については、自分が他者に望むような接し方を他者に対してするという大原則に従いましょう。

集団で行動することや人前で話すことが得意かどうかに関係なく、質の高い仕事をし、他者に敬意を表することは、職場で成功を収めるための基本的なルールです。

成功に向けた下準備をする
自分が内向的であると認めることは何の問題でもないどころか、むしろ健全なことです。 まず自分自身に正直になり、雇用主に対しても率直に腹を割らない限り、自分に合ったキャリアパスをつかむことは非常に困難になります。 新しいポジションを引き受ける前に、自分が好む職場条件について語り、これから足を踏み入れようとしている職場環境やその文化を見極めること、そして自分がどのように評価されるかをイメージできるような質問をすることが大切です。後で対処しようなどと呑気に構えていると、手遅れになりかねません。

あなたが属している分野を見渡してみましょう。どの職種も大なり小なりコラボレーションを必要とするとはいえ、比較的内向型人間向きのポジションが存在するのも事実です。 たとえば建築・エンジニアリング分野では、1人で黙々と仕事に取り組むのが好きな人と、他者とのコミュニケーションを強く求める人とがはっきりと分かれます。

分野を問わず、自分が内向的だとわかっている方は、1日の業務の合間に必ず意識して息抜きや気分転換の時間を取るとよいでしょう。

戦略的に取り組む
強固な人間関係を築くことは職場で成功を収めるための重要な条件ですが、内向型人間にとってこれは特に難しいことです。 では、どうすべきか。 関係構築を業務のひとつにしてしまえばよいのです。
スケジュールのリマインダー機能を活用し、毎日15分間を同僚との情報交換に充てます。 口で言うほど簡単ではないかもしれませんが、何かしらのメリットがあるはずです。 内向型人間にとっては多少抵抗を感じる行動かもしれませんが、快適な領域から敢えて一歩外へと踏み出すことは、より深く強力な関係につながるものです。 自分の殻を破って外に出ることにより、驚くべき効果が得られるかもしれません。

自分が提供できる価値を自覚する
内向的な方は、自分が生涯のキャリアを通じて常に守りの姿勢でいるわけではないという事実を肝に銘じておく必要があります。 あなたは、どんな職場にも大きな価値をもたらしうる資質を持っているのです。
Harvard Business Schoolが発表した研究によると、内向型人間は注目を浴びることを好まない性格ゆえに、他者をサポートしたり良いアイデアを与えて彼らのベストを引き出すことに長けています。 これこそまさに、ビル・ゲイツやマハトマ・ガンジー、ローザ・パークスの人となりを的確に言い表した表現ではないでしょうか。

内向的な人々がここから学ぶべきは、企業において彼らの能力は、社交の場で異彩を放つ人々の力と同じぐらい必要とされているということです。 あなたにしかない価値を意識することで、日々の困難への対処も楽になります。

ご自身の状況についてもっと具体的なアドバイスをご希望の方は、 経験豊富なAerotekリクルーターにご相談ください。あなたの個性に適したキャリアパスを見極められるようお手伝いします。

仕事をお探しの方は、当社の求人掲示板をご覧ください。