1. ホーム
  2. インサイト

人材紹介会社に登録する前にチェックしたい7つの質問

Thumbnail Image

Deloitteによる2016年の「ヒューマン・キャピタル・トレンド」レポートは、あるアンケートに回答した企業幹部の42%が臨時社員の使用を増やすつもりでいると指摘しています。その理由の一端を担っているのが、先の読めない事業環境、そして人材を巡る熾烈な競争だといいます。 今これをお読みになっている企業の皆様も、もしかしたら彼らと同じような課題を抱え、スタッフの臨時雇用を検討していらっしゃるかもしれません。 しかし、人材採用をサポートしてくれるパートナーを、果たしてすべての企業が正しく選択できているでしょうか。

ここで、顧客満足度調査会社Inaveroが勧める手法をご紹介します。同社はクライアントおよび求職者からのフィードバックを基に人材紹介会社の格付けを行い、毎年「Best of Staffing® Award」の受賞者を選出しています。 人材派遣会社の力量を見極めるには、各社に対して以下の7つの問いを投げかけるべきだというのがInaveroのアドバイスです。

  1. 当社の業種における人材採用に関してどの程度の専門知識をお持ちですか。
  2. これは、最も重要な条件かもしれません。 その人材派遣会社がこれまでに御社の競合他社の人材採用に貢献しているかどうかを確認してください。業界内での実績があれば、御社の成功にも寄与してくれる可能性が比較的高いでしょう。

  3. クライアントの満足度の評価をどのように行っていますか。また、直近の満足度スコアはどの程度ですか。
  4. 将来のパフォーマンスを予測するにあたり、特に信頼できる指標が過去のパフォーマンスですので、人材派遣会社各社にクライアントの満足度情報を提供してもらいましょう。 たとえば、Best of Staffing® Client Awardの受賞企業のクライアントの満足度は、受賞していない企業よりも40%高くなっています。

  5. 昨年における社内スタッフの離職率はどの程度ですか。
  6. 離職率が低い派遣会社ほど、顧客マネージャーやリクルーターが長期間にわたって御社を担当し、御社の業種や事業内容を深く理解するのに労力を注いでくれる可能性が高いでしょう。

  7. 斡旋した人材の直近の満足度スコアはどの程度ですか。
  8. 従業員の満足度は、かけがえのない資産です。 不満を抱えている正社員や臨時社員が早々に辞めてしまう可能性は、満足している従業員の2倍です。 人材派遣会社が雇用した正社員および臨時社員の体験談やレビュー、満足度スコアを見て、彼らの満足度をチェックしてみましょう。

  9. 最近の傾向や問題点など、人材採用に関する忠告やアドバイスはありますか。
  10. 御社の戦略的アドバイザーとして信頼できる人材派遣会社を選びましょう。 優れた業者なら、いざ取引を開始する前から、御社を啓発するような新鮮かつ有用な情報を提供してくれるはずです。

  11. 他の人材派遣会社も検討しようと思うのですが、御社のサービス料金は他社と比べていかがでしょうか。
  12. 十分な情報に基づき、得られる価値の程度を踏まえて判断を下すことが重要です。 Inaveroの調査によると、採用に関する判断を誤った場合、御社の空きポストを埋めるための専門知識を持つ人材派遣会社を利用した場合と比べ、コストが最大4倍に膨れ上がるという結果が出ています。 競合他社と比べてコストが高い派遣会社には、その理由を尋ね、説明を求めるとよいでしょう。

  13. このパートナーシップにおいて、私に何を期待されますか。
  14. 御社の事業や文化について知ってもらうためのアクセスを認めるとなれば、十分に信頼できる人材派遣会社を選ぶ必要があります。 人材派遣会社との間にそれだけの強固な関係を築き、柔軟な人材戦略を策定することができれば、御社の発展と柔軟性の獲得、持続的な成功に向けた変革の大きな支えとなるでしょう。

御社の人材ニーズに対するAerotekのサポートについては、 今すぐお気軽にお問い合わせください。